最近行われた資金調達の情報から、venture.jp(ベンチャー.jp)が厳選した注目企業をご紹介します。

株式会社シックスティーパーセント

資金調達詳細

ラウンド

プレシリーズA

調達金額

4.6億円(累計調達額約6.5億円)

出資

KURONEKO Innovation Fund(クロネコイノベーションファンド)、VERBEL氏など

会社概要

法人名

株式会社シックスティーパーセント

代表取締役

真部大河

設立

2018年7月

事業内容

ファッションECサイト運営

資本金

1億8248万円(資本準備金含む)

所在地

東京都渋谷区恵比寿西1-33-15

HP

https://corp.sixtypercent.com/

事業内容

【アジアのブランドを集約した越境ファッションEC「60%」】

創業5年で1,412ブランドが出店した、国内最大級の越境ファッションEC。現在アジア10カ国から約1500以上のブランドが出店(2023年12月末時点)。主にアジア各地のローカル、インディーズブランドが中心に出店。日本では見つける事のできない商品ラインアップに関心を持つZ世代が多く集まり、利用者の10代〜20代の割合は約9割を占める。

資金調達目的

国内での更なる拡大と海外での展開の本格化

元リリースはこちら

株式会社Minto

弊社にて起業家インタビューを実施予定。

資金調達詳細

出資

株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ(代表取締役社長 CEO:安元淳)など

会社概要

法人名

株式会社Minto

代表取締役

水野和寛

設立

2022年1月

事業内容

コンテンツソリューション事業、IPプロデュース事業、新規領域(Web3)事業

資本金

約1億円

所在地

東京都港区北青山2-14-4 WeWork the ARGYLE aoyama 6F

HP

https://minto-inc.jp/

事業内容

知的財産(IP)やSNSの分野で活躍しているクリエイターと連携し、企業のマーケティングの支援を行う。日本最大級の250以上のクリエイターとのネットワークを有し、IPビジネスの企画から制作、流通までを一貫して担う。また、企業やクリエイターのライセンス管理や自社スタジオによるIP開発も手掛けており、ブロックチェーンゲームなどのWeb3事業を営むほか、2021年にはWebtoonに特化した制作スタジオも開設。現在は海外3つの拠点を軸に日本発のIPのグローバル展開に取り組んでいる。

資金調達目的

NTTドコモのコンテンツビジネスとの協業を推進し、事業発展へのつながりを強化

積み上げてきたクリエイターネットワーク、IP開発、海外展開、デジタルマーケティングなどのノウハウをNTTドコモグループへ提供しながら共同事業を推進

元リリースはこちら

株式会社okke

資金調達詳細

ラウンド

プレシリーズA

調達金額

総額約7,000万

出資

自然キャピタル、株式会社インターリンク、UT創業者の会投資事業責任組合(通称:東大創業者の会ファンド)

会社概要

法人名

株式会社okke

代表取締役

久保山 皓平

設立

2020年5月

事業内容

高校生及び塾向けの教育支援ツールを提供

所在地

東京都中央区銀座1丁目22番11号銀座大竹ビジデンス2階

HP

https://www.okke.co.jp/

事業内容

【多彩なコンテンツで個々の学びをサポートする、高校生向けのアプリ「okke」】

ネット上にある良質な授業動画をすでに80,000本以上収録し、誘惑なく、レベルや単元でピンポイントに検索・学習できる。アプリを開けば、気軽に読める記事・勉強用BGM・進路情報といった、学ぶモチベーションを上げるコンテンツにも出会うことができ、自分だけの学びのサポーターとなる。

【先生が1分でテストを作成できる、教育機関向けの新しいテストツール「Dr.okke」】

とことん使いやすさを重視した新しいテスト作成ツールで、個々の生徒の状況に応じたテストの作成、面倒な採点やデータ管理を一瞬で完了させることができる。

資金調達目的

「日本中の高校生の目を輝かせる」というビジョンの実現に向け、プロダクトの提供価値を最大化

プロダクトのUX・機能・コンテンツの進化、営業・マーケティングの強化

元リリースはこちら

Nature株式会社

資金調達詳細

ラウンド

シリーズA

調達金額

約10.2億円

出資

東京ガス株式会社、EEI4 号イノベーション&インパクト投資事業有限責任組合(株式会社環境エネルギー投資)、KDDI Green Partners Fund(SBI インベストメント株式会社)、ダイキン工業株式会社、ENEOSイノベーションパートナーズ合同会社、HAKUHODO DY FUTURE DESIGN FUND 2 号投資事業有限責任組合(株式会社博報堂DYベンチャーズ)、三菱 UFJ キャピタル 9 号投資事業有限責任組合(三菱UFJキャピタル株式会社)、Yokohama Next 投資事業有限責任組合(横浜キャピタル株式会社)

会社概要

法人名

Nature株式会社

代表取締役

塩出 晴海

設立

2014年12月10日

事業内容

Nature Remoシリーズの開発・製造・販売、及びそれを用いた電力事業

資本金

13.5億円(資本剰余金含む)

所在地

神奈川県横浜市神奈川区栄町1-1 KDX横浜ビル 11F

HP

https://nature.global/about/

事業内容

【累計販売台数60万台を超えるスマートリモコン、Nature Remo(ネイチャーリモ)】

赤外線リモコンを備えた家電であれば、メーカーや型番・年式などに関係なく使用でき、スマートフォンで外出先から家電の操作やスマートスピーカーと連携すれば、家電の音声操作も可能。また、タイマー機能やスマートフォンのGPS、搭載センサーなど条件を設定して、ご自身のライフスタイルに合わせた家電の自動操作も実現。

温度・湿度・照度・人感の4つのセンサーを搭載し、Qrio Lock・mornin’ plusと連携できるフラッグシップモデル「Nature Remo 3」と温度センサーのみ搭載のスタンダードモデル「Nature Remo mini 2」、赤外線飛距離がシリーズ最長のプレミアムスタンダードモデル「Nature Remo mini 2 Premium」、スマートホームの共通規格Matterに対応したエントリーモデル「Nature Remo nano」を展開。

資金調達目的

・Nature独自のエネルギーマネジメントプラットフォームを構築

・パートナー戦略で成長を加速

・採用の強化

元リリースはこちら

まとめ

以上が最近行われた資金調達の情報から、厳選した注目企業でした。

次回の投稿もぜひチェックしていただけると幸いです。

送る 送る

関連記事

RANKING

CATEGORY