ベンチャー企業のオフィス選びを間違えてしまうと、コストをかけすぎて会社の資金が厳しくなったり移転の手間がかかりすぎたりする恐れがあります。契約後に後悔すると後戻りできず、会社として大きな損失に繋がる可能性もあるため、事前に重要なポイントを理解しておくことが重要です。

本記事では、ベンチャー企業におすすめのオフィスやオフィスを選ぶ際のポイントについて解説します。本記事を参考することで、ベンチャー企業のオフィス選びで重要なポイントを理解でき、移転後に後悔してしまう可能性を減らせるでしょう。

ベンチャー企業におすすめのオフィスは?

ベンチャー企業におすすめのオフィスは下記の3つです。

  • 移転コストが削減できるセットアップオフィス
  • 低コストで好立地なシェアオフィス
  • 初期費用がほとんどかからないレンタルオフィス

 

ベンチャー企業のオフィスでは、それぞれのメリットとデメリットを理解した上で選択しなければ、後でさまざまなトラブルが発生する恐れもあるため注意しましょう。特に、資金面や移転の大変さはオフィス選びで重要な指標になります。

何を重要視してオフィス選びをしたいのかを念頭において、オフィス別の特徴を理解しておきましょう。

 

移転コストが削減できるセットアップオフィス

ベンチャー企業のオフィスには、移転コストが削減できるセットアップオフィスがおすすめです。セットアップオフィスとは、受付や会議室など基本的なオフィスの内装が予め施された状態で貸し出されるオフィスとなっています。

 

セットアップオフィスのメリットとデメリットは下記の通りです。

メリット デメリット

移転コストが削減できる

家賃相場が高い
入居までの時間が短い
社員のモチベーションが上がる 内装が制限される
経営者の負担が削減できる

 

セットアップオフィスでは、基本的な内装ができている状態で借りれるため、移転コストが削減できるだけでなく、内装を考える手間もなくなります。ベンチャー企業は、成長速度に合わせてオフィスを移転することも多いため、手軽に移転できる点がおすすめのオフィス形態と言えるでしょう。

 

低コストで好立地なシェアオフィス

ベンチャー企業のオフィスには、低コストで好立地なシェアオフィスがおすすめです。シェアオフィスとは、様々な企業が一つの空間を共同利用するオフィス形態のことであり、コワーキングスペースとも呼ばれています。

 

シェアオフィスのメリットとデメリットは下記の通りです。

メリット デメリット
利用料が安く全体的なコストを削減できる セキュリティに問題がある
立地がよく利便性が高い 1人で集中しづらい
人脈の形成もできる

 

シェアオフィスは、低コストで利用できるだけでなく、立地も良い可能性が高いです。ただ、他社の社員を含めた利用者がいるため、セキュリティに問題がある点を考慮しなければいけません。

事前にセキュリティ対策をしておけば、インターネット回線や水道光熱費も利用料に含まれていることも多く費用を抑えられるため、シェアオフィスがおすすめです。

 

初期費用がほとんどかからないレンタルオフィス

ベンチャー企業のオフィスには、初期費用がほとんどかからないレンタルオフィスもおすすめです。レンタルオフィスとは、他の企業とスペースを共有する貸事務所のことであり、企業の専有スペースも確保できます。

 

レンタルオフィスのメリットとデメリットは下記の通りです。

メリット デメリット
初期費用がほとんどかからない オプション料金が不要
企業の専有スペースを確保できる セキュリティ面が不安

 

レンタルオフィスは、初期費用がほとんどかからず、利用料さえ支払えばすぐに入居も可能です。また、シェアオフィスとは異なり、企業の専有スペースも確保できるため、外部の人間に聞かれたくない内容がある場合にもおすすめです。

頻繁にオフィスを移転するベンチャー企業にとっては、初期費用がかからず最低限の設備を確保できることは、大きなメリットだと言えるでしょう。

 

ベンチャー企業はレンタルオフィスでも問題ない?

ベンチャー企業におすすめのオフィスは、レンタルオフィスでも問題ありません。「レンタルオフィスではなく賃貸として借りた方が良いのではないか?」と思う人も多いですが、初期費用や内装費用、手間などを考えたらレンタルオフィスがおすすめです。

しかし、レンタルオフィスを選ぶ際には、下記項目に注意しなければ仕事をする上で不便に感じてしまいます。

  • アクセスの良い都心部で利便性の高い場所
  • 規模に合わせたオフィス形態
  • 適切な広さがある

 

レンタルオフィスを利用する際には、現在の状況だけでなく、将来的な事業の成長計画に沿った広さのオフィスを選択することが重要です。事業内容や事業規模によって適切なレンタルオフィスを選ぶことができれば、安く簡単にオフィス移転を済ませられるでしょう。

 

ベンチャー企業のオフィス選びでよくある悩み

ベンチャー企業のオフィス選びでよくある悩みは下記の2つです。

  • 初期費用や内装などのコストが高い
  • 移転までの期間が長い

ベンチャー企業は中小企業や大手企業と比べて成長速度が早く、成長に伴ってオフィスを移転する必要があります。上記2つを理解していないと、オフィスを契約した後に後悔する可能性が高く、会社として大きな損失に繋がる恐れもあるため注意してください。

 

初期費用や内装などのコストが高い

ベンチャー企業のオフィス選びでよくある悩みは、初期費用や内装などのコストが高いことです。一般的なオフィスに移転してしまうと、初期費用や内装に加えて家賃などコストが高くなります。

なかでも、セットアップオフィスやシェアオフィス、レンタルオフィスの存在を知らない場合には、賃貸としてオフィスを借りがちです。賃貸としてオフィスを借りてしまうと、初期費用や内装コストが高額になってしまうため、資金が潤沢にないうちはデメリットの方が大きくなります。

さらに、賃貸として借りていると移転するたびに多額のコストがかかってしまうため、会社としての損失も大きいでしょう。

ベンチャー企業のオフィス移転を検討する際には、初期費用や内装などのコストを極力抑えつつ、必要な設備が揃っているオフィスに移転するのがおすすめです。

 

移転までの期間が長い

ベンチャー企業のオフィス選びでよくある悩みは、移転までの期間が長いことです。成長速度が速いベンチャー企業は、成長に伴ってオフィスを移転する必要があるため、移転までの期間が長いと会社全体のスピード感が落ちてしまいます。

賃貸だと契約から内装、工事などを決めるのに大幅な時間がかかるのに対し、レンタルオフィスやシェアオフィスなら数日での移転も可能です。

そのため、ベンチャー企業のオフィスを選ぶ際には、コストだけでなく移転までの期間が短く手軽に移転できるオフィスを選ぶことが重要になってきます。

 

ベンチャー企業がオフィスを選ぶ際のポイント

ベンチャー企業がオフィスを選ぶ際のポイントは下記の3つです。

  • 事業に必要な設備は整っているか?
  • 必要以上にコストがかかっていないか?
  • 会社の成長に合わせて移転しやすいか?

 

オフィス選びの際には、見た目や機能性にこだわりすぎて必要な部分を見逃してしまうこともあります。契約後に後悔しないためにも、事前にオフィス選びのポイントを抑えた上で検討することが重要です。

 

事業に必要な設備は整っているか?

ベンチャー企業がオフィスを選ぶ際のポイントとして、事業に必要な設備が整っているかどうかが重要です。コストや移転までの期間が短いオフィスを選んでも、業務に必要な設備がなければ会社としての生産性が下がってしまうでしょう。

レンタルオフィスを利用した場合、インターネット環境がなかったりセキュリティが不十分だったりする恐れもあります。コストの削減と移転の手間を減らすためにレンタルオフィスを利用しても、会社としての生産性がかかっていたら意味がありません。

また、社員数に応じた机や椅子なども必要な設備の1つとなります。必要な設備を自分達で用意することも可能ですが、別途費用がかかり、結果的に費用がかかってしまうため注意しましょう。

 

必要以上にコストがかかっていないか?

必要以上にコストがかかっていないかも、ベンチャー企業がオフィスを選ぶ際のポイントです。オフィスを移転するとなると、おしゃれにしようとしたり生産性を高めるために内装や機械にこだわったりすることが多いです。

しかし、オフィスにこだわることで、気付かぬうちにコストがかかりすぎていることもあるため注意しましょう。

オフィスにかけるコストを削減するためには、今まで使用していた物をそのまま使用したり家賃交渉をしたりして少しでも費用を削減できるような工夫が必要です。現時点で費用を多くかけられる余裕があっても、将来的なことも考えた上でコスト検討してオフィスを選びましょう。

 

会社の成長に合わせて移転しやすいか?

会社の成長に合わせて移転しやすいかどうかも、ベンチャー企業がオフィスを選ぶ際のポイントです。ベンチャー企業の特徴は、会社の成長が早いことであり、会社が成長すれば社員も多くなるため、パソコンなどの機材も必要となります。

簡単に移転できないオフィスに引っ越してしまうと、移転に時間がかかり会社の成長が止まってしまうでしょう。オフィス移転に時間をかけすぎて事業が疎かになってしまわないように、会社の成長に合わせて移転しやすいかどうかも考えておくことが大切です。

ベンチャー企業では臨機応変にオフィスを選ぼう

ベンチャー企業のオフィス選びでは、臨機応変にオフィスを選ぶことが重要です。ベンチャー企業と言っても、すでに成長段階にあるのかこれから成長させていくのかなど異なります。

そのため「ベンチャー企業ならこのオフィスがおすすめ」ということはなく、コストや会社規模によって臨機応変にオフィスを選択しなければいけません。

今回解説した内容を参考にしてオフィスを選ぶことができれば、大きな失敗をする心配はなく、会社にとって適切なオフィスを選択できるでしょう。

 

    送る 送る

    関連記事